1. フラメンコ教室ホーム
  2. フラメンコ舞踊家 大沼由紀

渡西を繰り返し深めたフラメンコの世界

私がフラメンコ舞踊教室の門を叩いたのは27歳の時でした。佐藤佑子・エンリケ坂井先生の“スタジオカスコーロ”です。フラメンコはカンテ(歌)だ、という、今では当たり前に知られていることが、まだそんなに知られていなかったあの頃、スタジオカスコーロにはカンテがありました。

週に1回の趣味のはずが、いつの間にか夢中になり、31歳の時にスペインへ。マドリー、セビージャではレッスンに明け暮れる日々、最後に居を移したへレス・デ・ラ・フロンテーラで、何故かこの町のフラメンコにただただ心奪われ、自分が踊ることより何より、しっかりとファンになっていました。毎日へレスのブレリアを聞かずにはいられない、そんな自分に驚きワクワクしたのを覚えています。それまでは、27歳から舞踊を始めたスタートの遅さをなんとかしたくて、上手に踊りたくて、もがいていただけだったのかもしれません。

約2年半のスペイン生活の後、東京に戻り、さあこれからどうしよう、大好きなブレリアはどこにもない。そんな時、ブレリアを教えて欲しいという人が少しずつ私の周りに集まって来ました。ないことを嘆くより自分でやってみよう!とばかり、向こうで見聞きしたブレリアはこんなふうだったよ、という手探りのレッスンが始まりました。とは言っても、もちろんヘレスの人達のように出来るわけはありません。しかし、肌で覚えたこと、記憶に染み込んだ音、動き、それらのものを総動員して、レッスンはなんとか展開していきました。悩み迷いながらも、試行錯誤し、そしてそれを抱えて向こうに行くと、またさらなる発見がある、ということを繰り返していたと思います。

今はへレスのブレリアという言葉も浸透し、実際にへレスに行って、ヘレスのコンパスを体感する人や、またヘレスのアーティストが日本に来る機会も増えました。約20年前にブレリアクラスを始めた頃に比べたら、フラメンコ自体がぐっと近くに感じられるようになり、時の流れをしみじみと感じます。

へレスへ行き、かの地の空気を吸い、生きたフラメンコに触れ、そのことが今も私の踊りのエネルギーになっています。しかし、私が生活するここ日本で、フラメンコから与えられたたくさんの感動を、舞台活動、教授活動を通して伝えることが出来たら、それこそが、この上ない喜びです。

私を踊りへと向かわせてくれたたくさんのフラメンコへ、心からの感謝をこめて。

Profile プロフィール
  • 福島県会津若松市出身。(「福島民報」(2005・5・13)にフラメンコ活動の記事が掲載されました。 >>掲載記事はこちら
  • 会津女子高等学校(現葵校)卒業後、日本大学芸術学部入学。
    同大学卒業後フラメンコに出会い、佐藤佑子に師事。
  • 1992年 渡西。ラ・トナ、マヌエル・ベタンソ、アナ・マリア・ロペス、アンヘリータ・ゴメス等に師事。
  • 1994年 帰国。ブレリアクラスを皮切りに教授活動を始める。
  • 1998年 再渡西。ローリー・フローレス、アンドレス・ペーニャ、マリア・デル・マル・モレノ等に師事。
  • 1999年 東京中野にエストゥディオブレーニャ設立。
    その後も渡西を繰り返し、メルセデス・ルイス、ソラジャ・クラビホ、コンチャ・バルガス、ペペ・トーレス、アンヘリータ・バルガス等に師事。
  • 2000年 第1回ブレーニャコンサート 〔中野ゼロ小ホール〕
    C:石塚隆充、手塚環、高橋綾 G:沖仁、西井つよし B:ブレーニャ研究生、大沼由紀
  • 2001年 プリメラフラメンコフェスティバル「フラメンコのニューウエーブ」に出演
     〔新宿スペース・ゼロ(全労済ホール スペース・ゼロ)〕
  • 2002年 第2回エストゥディオブレーニャコンサート 〔中野ゼロ大ホール〕
    C:アギラール・デ・へレス、石塚隆充、有田圭輔 G:沖仁、西井つよし P:伊集院史朗 B:ブレーニャ研究生、大沼由紀
  • 2003年 プリメラフラメンコフェスティバル「フラメンコのニューウエーブ」に出演 〔新宿スペース・ゼロ(全労済ホール スペース・ゼロ)〕
  • 2004年 第3回ブレーニャコンサート 〔中野ゼロ大ホール〕
    C:アギラール・デ・ヘレス、石塚隆充、高岸弘樹 G:沖仁、西井つよし P:伊集院史朗 B:ブレーニャ研究生、大沼由紀

    大沼由紀舞踊公演 「“Espontánea”~フラメンコ、自然発生的な~」 〔新宿・シアターサンモール〕
    ヘレス・デ・ラ・フロンテーラより、歌い手Diego de los santos‟Rubichi“、Juanillorro、ギタリストDomingo Rubichi、パルメロJosé rubichiの4名を招聘。
  • 2005年 大沼由紀舞踊公演 「“EspontáneaⅡ”~フラメンコ、自然発生的な~」 〔新宿・シアターサンモール〕
    公益財団法人スペイン舞踊振興MARUWA財団の助成対象作品に選ばれ、再演を果たす。ヘレス・デ・ラ・フロンテーラより同メンバーを招聘。
  • 2006年 プリメラフラメンコフェスティバル「フラメンコのニューウエーブ」に出演 〔全労済ホール スペース・ゼロ〕
  • 2007年 第4回ブレーニャコンサート 〔中野ゼロ大ホール〕
    C:アギラール・デ・ヘレス、石塚隆充、阿部真 G:西井つよし、大島紳之 P:伊集院史朗 B:ブレーニャ研究生、大沼由紀

    マドリッドフラメンコフェスティバル“SUMA FLAMENCA”に日本人として初めて出演。
    C:瀧本正信 G:俵英三 P:伊集院史朗 B:大沼由紀

    大沼由紀舞踊公演 「“EspontáneaⅢ”~フラメンコ、自然発生的な」 〔全労済ホール スペース・ゼロ〕
    ヘレス・デ・ラ・フロンテーラより、歌い手José rubichi、ギタリスト Ismael Herredia、パルメロManuel cantaroteを招聘。
  • 2008年 教則DVD「自宅でクルシージョ7大沼由紀-息づかいを身体へ-」(株・パセオフラメンコ)発刊
  • 2009年 2004年、05年の公演ダイジェスト版DVD「Espontánea」発刊

    プリメラフラメンコフェスティバル 「フラメンコのニューウエーブ」に出演 〔全労済ホール・スペース・ゼロ〕
  • 2012年 大沼由紀フラメンコ公演 「ヘレスへ続く道」 〔金沢芸術村 ドラマ工房〕
    C:西容子 G:斎藤誠 P:伊集院史朗 B:大沼由紀
  • 2013年 第5回ブレーニャコンサート 〔中野ゼロ小ホール〕
    C:ディエゴ・ゴメス、瀧本正信、阿部真 G:西井つよし、逸見豪 P:伊集院史朗 B:ブレーニャ研究生、大沼由紀

    大沼由紀舞踊公演 「杢」 〔渋谷・アップリンク〕
    ジャズミュージシャン 小林豊美(フルート)、東金城友洋(サックス)、津嘉山梢(ピアノ)を迎え、フラメンコとジャズからインスパイアされた踊りを発表。

    大沼由紀フラメンコ公演 「VAIVÉN」 〔恵比寿・サラアンダルーサ〕
    C:マヌエル・デ・ラ・マレナ G:ドミンゴ・ルビチ P:ホセ・ルビチ、アリ・デ・ラ・トタ B:大沼由紀
  • 2014年 「FABULAE-フラメンコへのオマージュ」 〔豊島区舞台芸術交流センター・あうるすぽっと〕
    ゲストミュージシャン:長屋和哉 舞踏:Davi C:瀧本正信、西容子 G:山内裕之、西井つよし P:伊集院史朗 B:大沼由紀フラメンコ舞踊団(石垣ひろみ、荻野静香、沖山美環、伊藤千紘、前原季絵、龍至江梨子、村田由美子)、大沼由紀
    地球交響曲ガイヤシンフォニー、TV、映画への楽曲提供などで知られる長屋和哉と、スペイン人舞踏ダンサーDaviをゲストに迎え、スペイン人が踊る舞踏、日本人が踊るフラメンーコを通して、フラメンコへの憧憬、葛藤などを描いた意欲作。

    「ヘレスのこだま コンパスに響く eco」 出演 〔恵比寿・サラアンダルーサ〕
    C:ホセ・カルピオ“エル・ミヒータ” G:ドミンゴ・ルビチ P:ホセ・ルビチ B:カルメン・エレラ、大沼由紀
  • 2015年 大沼由紀舞踊公演 「Sonora-音の行方」 〔野方区民ホールWIZ〕
    C:川島桂子、西容子 G:山内裕之、あいしまなおき P:伊集院史朗 B:大沼由紀フラメンコ舞踊団(石垣ひろみ、荻野静香、沖山美環、伊藤千紘)、大沼由紀
    鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団公演 「infinito-無限-」 〔日本橋劇場〕 主役の鍵田真由美が演じる「生」に対峙する「死」を演じ、生と死の2人のシーンは特に好評を博した
  • 2016年 第6回エストゥディオブレーニャコンサート 〔新宿・エルフラメンコ〕
    C:石塚隆充、西容子 G:西井つよし、逸見豪 P:伊集院史朗 B:ブレーニャ研究生、大沼由紀

    大沼由紀舞踊公演「“Espontánea Ⅳ”~フラメンコ、自然発生的な~」 〔座・高円寺2〕
    ヘレス・デ・ラ・フロンテーラより、歌い手Tomás rubichi、ギタリスト Domingo Rubichi、パルメロ José Rubichi、Ali de la Tota を招聘
    *文化庁芸術祭舞踊部門新人賞受賞*(「福島民報」(2016・12・28)に受賞の記事が掲載されました。 >>掲載記事はこちら
  • 2017年 「ヘレスのこだま コンパスに響く ecoⅡ」 出演 〔新宿・ガルロチ〕
    C:アントニオ・カルピオ“エル・トロ” G:ドミンゴ・ルビチ P:ホセ・ルビチ B:フェルナンド・ヒメネス、大沼由紀

    へレス・オフフェスティバル「Espectáculo de baile-YUKI ONUMA」
    〔スペイン/ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ Guarida del Ángel〕
    C:アントニオ・カルピオ“エル・トロ” G:ドミンゴ・ルビチ P:ホセ・ルビチ B:大沼由紀

    鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団公演 「港に着いた黒んぼ」 〔上越文化会館〕
    主役の鍵田真由美演じる姉を慕う盲目の弟役で出演

    大沼由紀舞踊公演 「Seno Flamenco」 〔あうるすぽっと/豊島区立芸術文化センター〕
    C:クーロ・デ・ラ・チクエラ、西容子 G:山内裕之、あいしまなおき P:井山直子 B:大沼由紀
  • 2018年 鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団公演 「港に着いた黒んぼ」 〔ムジカーザ〕

    小松原庸子舞踊団 第48回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ」 出演予定

    大沼由紀舞踊公演“ EspontáneaⅤ” Perenne-悠久 開催予定
  • 舞踊家として活躍する一方、自身のスタジオで後進の指導にも力を注ぎ、また全国各地でのクルシージョも積極的に行っている。

東京都中野区中野5-32-6
城西ビルB1

お問い合わせ