公演・ライブ情報

公演情報

小松原庸子スペイン舞踊団 第48回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ2018 Noche Verano de Flamenco」
日時 2018年8月4日(土) 17:00開場 17:30開演(雨天決行) 小松原庸子スペイン舞踊団 第48回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ2018 Noche Verano de Flamenco」
▲クリックで拡大▲
会場 日比谷野外大音楽堂
料金 S席8000円 A席7000円 B席5000円 C席3000円
ペア席5000円(全席指定)
出演者 C:アントニオ・カルピオ“エル・トロ”、チェマ G:高橋紀博、鈴木尚
B:ミゲル・アンヘル・エレディア(ゲスト舞踊手)、
奥濱春彦、佐藤哲平 パコ・ドミンゲス、
入交恒子、大沼由紀、渡部純子、萩原淳子、北原志穂、
今枝友加、三枝雄輔(en mis ojos )、
石川慶子、知念 響、漆畑志乃ぶ、(armonia)
笹岡洋子、フランシス・ヌーニェス(ラティドス フラメンコス)、
篠田三枝 y カンデーラ y たからもの号
La Puerta Abierta con 永田健
奥野裕貴子・SIROCOスタジオLOS TARANTOS京都
北島ナディア、森山みえ、藤川淳美、関 真知子、浅倉のり子、横山さやか、
伊集院久美子、髙橋麻木、山中純子、三家本夏美、橋爪靖恵、伊藤里美、
玉塚映里加、阿部美月、品川明香
お問い合わせ 03-3314-2568 ソル・デ・エスパーニャ(小松原庸子スペイン舞踊団)
http://flamencoyoko.free.makeshop.jp/
大沼由紀舞踊公演 “EspontáneaⅤ”-Perenne(悠久)-
日にち 2018年11月2日(金) 大沼由紀舞踊公演 “EspontáneaⅤ”-Perenne(悠久)-
▲クリックで拡大▲
時間 19:00開場 19:30開演
会場 中野ゼロ小ホール
ショーチャージ S席10000円 A席8500円(全席指定)
出演者
カンテ
マテオ・ソレア、マヌエル・デ・ラ・マレナ
ギター
マレナ:イホ、斎藤誠
パルマ
アレハンドロ・フェルナンデス ハビエル・ペーニャ
バイレ
大沼由紀
予約 チケット注文フォーム
問合せ 2018.11.2.espontanea5@gmail.com
へレスから最後の重鎮とも言えるマテオ・ソレアを迎えての、エスポンタネアシリーズ第五弾。マテオが古き良きカンテを、圧倒的な存在感で聞かせてくれるはずです。へレスを代表する舞踊家マリア・デル・マルの舞踊団で、見事なコンビネーションのパルマを聞かせるアレとハビもやってきます。彼らとは旧知の仲のマヌエルが加わり、ギターはマヌエルの甥のアントニート、そしてアントニートの信頼を得る斎藤誠。幅広い年代、そしてムシコスの中にも日本人が加わり、今までにない色どりを見せるエスポンタネアⅤ。この中でどんなバイレが自然発生するでしょうか。どうぞ皆様、11月2日会場まで足をお運びいただけますよう、何卒よろしくお願い致します。

>>過去の情報はこちら

ライブ情報

現在はありません。

>>過去の情報はこちら

クルシージョ情報

現在はありません。

>>過去の情報はこちら

コンサート情報

現在はありません。

>>過去の情報はこちら

追悼ライブ ~ディエゴ・デ・ロス・サントス“ルビッチ”に捧ぐ~

2007年8月20日、高円寺のエスペランサさんのご協力により、8月3日に急逝した、ヘレスの偉大なカンタオール“ルビッチ”の追悼ライブが行われました。
60名を超えるお客様で会場は熱気にあふれ、終演は11時半を回るという、アフィシオンに満ちた夜になりました。
収益金は、当日いらっしゃれなかった方からのカンパを含め、413,000円にもなり、すべて遺族に大沼が責任を持って届けさせていただきました。

ここに、改めて皆様にお礼申し上げます。
-参加アーティスト-
アギラール・デ・ヘレス 大塚友美 大沼由紀 金子文乃 川島桂子 小里彩 志水誠 鈴木尚 俵英三 西容子 平野健作 阿部真 高橋綾 有田圭輔

”SUMA FLEMANCA 2007”に出演致しました。

▼画像クリックで拡大表示します▼

  • SUMA FLEMANCA 2007
  • SUMA FLEMANCA 2007
  • SUMA FLEMANCA 2007
  • SUMA FLEMANCA 2007

Foto por Keiko Higashi

2007年5月7日~26日まで、スペイン首都マドリーで“SUMA FLEMANCA”というフラメンコフェスティバルが開催され、5月11日には、日本人アーティスト4人による“JAPON FLAMENCO”と題された公演が行われました。
立ち見のお客様も出る盛況ぶりで、最後のフィン・デ・フィエスタには、Tony el Pelao(スペイン人アーティスト)とその夫人が舞台に上り、華を添えてくださいました。

EL PAIS

カンテ:滝本正信
バイレ:大沼由紀 ギター:俵英三
パルマ:伊集院史朗

最も読者数を持つスペイン全国紙“EL PAIS”の公演批評

東京都中野区中野5-32-6
城西ビルB1

お問い合わせ